センター紹介

ご挨拶

センター長
松田 秀一 (整形外科教授)

京都大学医学部附属病院(京大病院)は、「患者中心の開かれた病院として、安全で質の高い医療を提供する」「新しい医療の開発と実践を通して、社会に貢献する」「専門家としての責任と使命を自覚し、人間性豊かな医療人を育成する」という3つの基本理念を掲げており、京大病院における若手医師の研修は病院全体での大切なミッションです。

初期研修医が研修中に身につけるべきことは、目の前の患者さんの治療の中で、指導医との充実したディスカッションを通して自ら診療方針を立て、同僚と切磋琢磨し、様々な職種のスタッフと密に協力しながら、一つひとつの症例に正面から取り組むことで、医療人としての基礎を築くことにあります。 

大学病院として医学生や研修医の教育・指導を長年行ってきた京大病院は、多くの熱心な指導医が多方向から後進を育てるという指導スタイルが色濃く存在しており、最近ではメディカル・スタッフとの横の連携も年々強化されています。そのようなわけで、研修医の皆さんが医師として働き始める重要な時期にあたって、安心して、かつ精力的に研修が行える環境が整っています。 

また、その後の専門研修に関しても、京大病院と長年深い関わりのある関西を中心とした数多くの研修病院が揃っています。それらの病院では、京大病院の診療や教育を良く知る経験豊富な指導医が、後期専門研修へのスムーズな移行へと導きます。病院同士の連携だけでなく、こうした人と人との有機的なつながりは、後期専門研修から大学院進学、海外留学といった多様なキャリアパスを構築する大きな助けとなることでしょう。平成29年度からは新しい専門医制度に準拠した後期研修がはじまりますが、当センターからも様々な情報を提供して初期研修後の進路選択の手助けをしたいと考えています。 

出身大学を問わず、自由・平等なアカデミアが伝統であるこの京大病院で、研修しませんか。総合臨床教育・研修センターは皆さんの熱意を歓迎し、全力でサポートします。

みなさんのご応募をお待ちしています。

医師臨床教育・研修部長
小西 靖彦 (医学教育推進センター教授)

京大病院研修プログラムの特長は、充実した指導体制と自由度の高さです。大学病院の強みを生かした研修を積むことができます。
自由選択期間では、プライマリケアを担う診療科はもちろん、大学病院にしかないような専門性の高い診療科での研修も可能です。そこでは、個人のキャリアパスを見据えたオリジナリティの高い研修プログラムを構築できるように配慮しています。また、第一線を担う多彩な研修協力病院(たすきがけ病院)と京大病院の両方で研修ができるプログラムを用意し、幅広い経験を積むことを可能にしています。

研修を行うにあたっては、充実した学習環境が大切です。京大病院では、職種を超えた勉強会やカンファレンスが毎日のように開催され、研修医対象の質の高い講習会も豊富です。技能習得のためのシミュレータは、非常に多くのものが備わっており、簡単な申請でいつでも利用できます。院内どこでもオンラインテキストの閲覧や論文検索ができ、研修医室での院内LANで自由に情報収集が行えるため、日々の学習の促進だけでなく学会発表や論文執筆にもつながります。研修医の時から研究に携わるなど、本人のやる気にはどこまででも応えられる懐の深さが自慢です。

研修医同士だけでなく指導医との交流も盛んで、大病院にありがちな人間関係の希薄さはありません。研修センターと指導医が協力しあい、一人ひとりに対するきめ細やかなフォローアップを心がけています。研修の質は指導医の良さに尽きます。初期の二年だけでなく、医師としての将来のキャリアを見越した実りある研修を身につけるために、京大病院での研修をお勧めします。

歯科医師臨床教育・研修部長
別所 和久 (歯科口腔外科教授)

当歯科医師臨床教育・研修部門では、「知識を十分に活用出来得る思考能力を備えた頭脳」、「優れた最先端技術を習得した腕」、「患者さんのことが思い遣れる優しい心」の3つを修得し、併せ持つ歯科医師を育てることを理念とし、研修教育に当たっております。

京大病院歯科医師臨床研修プログラムには、京都大学医学部附属病院群歯科医師臨床研修プログラムと京都大学医学部附属病院単独型歯科医師臨床研修プログラムがあり、様々な基本的診療能力を効率的に研修医が身に付けられるよう企画されています。歯科医師として必要な隣接医学の知識習得や救命救急処置研修が行え、基本的な診療能力を修得するに留まらず、科学的根拠に基づいた医療を実践するとともに、医師と患者のコミュニケーションを大切にし、病める患者の身体的異常のみならず、こころの全体像を把握し、全人的な幅広い診療能力を身に付けてもらうことを目指しています。

研修医は1年間の臨床研修の後、京大病院歯科口腔外科もしくは関連病院での京大口腔外科卒後研修プログラムに応募することができます。口腔外科を中心に一般歯科治療も含め、広く経験を積んで頂く他、個々の研修到達度に応じ当院麻酔科・集中治療部、関連病院での研修も受けて頂くことが出来ます。卒後3年次以降は、種々の医学的合併症を有する患者への治療・移植医療などに関わる口腔管理と治療・隣接診療科との連携診療・デイサージャリー部門での手術の他、組織再生インプラント外来・顎矯正外来・顎顔面骨骨折外来・顎関節外来・口腔腫瘍外来・睡眠時無呼吸外来・口腔難治性疾患外来・審美歯科外来・唇顎口蓋裂外来の各専門分野の治療にも参加して頂けます。

このように京大病院歯科医師臨床研修プログラムおよび京大口腔外科卒後研修プログラムでは、当科と関連病院においての幅広い研修が可能で、どの段階からの参加も可能です。経験豊富な指導医を揃え、医療に対する高い志を持つ歯科医師の参加応募を、門戸を大きく広げお待ち致しております。



ページTOPへ戻る
医科研修医募集
歯科研修医募集
歯科研修医募集
講習会情報
京都大学医学部附属病院
京都大学
公式Facebookページ
UMIN
アクセス お問い合わせ リンク 証明書発行